仮想通貨取引所と販売所の違い!スプレッドや手数料に要注意!

ビットコインが200万円を超える高騰、国産仮想通貨モナコインが2000円を超える高騰、ICOに参加するにはイーサリアムが必要…など様々な理由から、仮想通貨の売買に興味を持って口座を開設する方が最近増えています

ところが、口座を開いた後、誰しも最初に困惑するのが「取引所と販売所の違い」です。

そこで今回は、仮想通貨取引所と販売所の違い、スプレッドや手数料の注意点について、初心者でもわかりやすいように解説します。

取引所と販売所の違いは?

仮想通貨取引所でユーザーが仮想通貨を購入するには、2種類の売買方法が存在します。

1.取引所(業者)が相手になると「販売所」

2.同じユーザー同士だと「取引所」

で売買を行います。

逆なら混乱しないのですが、こればかりはどうしようもありません。こういうものだと覚えてしまいましょう。

大手取引所ではさらに呼び方が微妙に異なる!

コインチェックでは、ウォレット内にある「コインを買う」という場所が取引所(業者)相手の売買に、「取引所」がユーザー同士の売買を行う場所になります。

ビットフライヤーでは、「ビットコイン販売所」「アルトコイン販売所」が取引所(業者)相手の売買に、「ビットコイン取引所」「bitFlyer Lightning」がユーザー同士の売買を行う場所になります。

ザイフでは、「簡単売買」という場所が取引所(業者)相手の売買に、「取引所」がユーザー同士の売買を行う場所になります。

ちなみに、GMOコインではすべての売買が取引所(業者)相手の売買になります。

クレジットカードでの購入はどっちになる?

クレジットカードでの購入は、すべて取引所(業者)相手の売買です。

スプレッドの違いは?

スプレッドとは、取引所(業者)に支払われる手数料の1種だと思ってください。

一般的に、取引所(業者)相手の売買では、スプレッドが広いとされます。

それは取引所(業者)が相手の場合、ユーザーは相手の言い値で買ったり売ったりするしかないからです。

言い方は悪いのですが、ユーザーの足元を見ているのですね。

なぜ「足元を見ている」のかと言えば、一例を挙げると、もしもビットコインが暴落して相場がパニックを起こしたとき、いくらでも良いから売却したい!とみんな考えます。そんな時に意図的にスプレッドを広げて、取引所(業者)は利益を上げるのです。

ですが、ユーザー同士ならお互いが納得した値段で売買が可能です。

つまり、できるだけスプレッドを抑えた値段で売買が可能になるのです。

購入したい仮想通貨は、できるだけユーザー同士で売買すると、スプレッドが狭い分だけ安く買えますよ。

なぜユーザー同士の売買所があるのか?

それならば取引所(業者)は、「販売所」だけを用意していれば、利益をたくさん上げられます。

でもそれをしてしまうと、どこか1ヶ所の取引所(業者)がユーザー同士で売買可能な売買所を作ってしまったら、トレーダーはみんなその取引所(業者)を利用してしまいます。

だから取引所(業者)は、ユーザー同士で売買できるスプレッドの狭い売買所を用意しているのです。

手数料の違いは?

コインチェックでは、取引手数料はありません

ビットフライヤーでは、「販売所」には売買手数料がありません。「ビットコイン取引所」「Lightning 現物(BTC/JPY)(ETH/BTC)(BCH/BTC)」において、売買手数料が0.01~0.2%必要です。

ザイフでは、取引手数料はありません。現物取引では-0.01%なので、取引するほど逆に少しですがお金が増えるというサービスがあります。

GMOコインでは、取引手数料はありません

手数料は意外と微々たるものなので、スプレッドを気にした方が良いでしょう。

バイナンス(binance)の口座開設登録方法!送金手数料や評判・評価は?

2017.12.18

DMM Bitcoinの口座登録方法!開設時間(期間)や出金(送金)手数料は?

2018.02.18

特徴的な取引所ザイフをさらに詳しく解説!

仮想通貨初心者が戸惑うことは他にもあります。

ザイフでは仮想通貨の呼び方が他の取引所とは少し異なります。

「取引所」で売買する際、「主要通貨」「トークン」「COMSA」3種類の中から選ぶことになります。

この3つのカテゴリーに属するものは、実は全てが仮想通貨です。

「主要通貨」は、ビットコインと超級メジャーアルトコイン

「トークン」は、マイナーアルトコイン

「COMSA」はザイフのみで売買可能な特殊なアルトコイン

…と覚えておきましょう。

ちなみに仮想通貨は、ビットコイン以外はすべてアルトコインという括り方をされます

ザイフは一見すると仮想通貨初心者には少しとっつきにくい印象があります。

ですが実際に売買してみると、他の取引所と何ら変わらず簡単にトレードができます。

ザイフでは、口座開設費用も口座維持費用無料なので、まだの方はこの機会に開設してはいかがでしょうか。

当サイトではザイフの口座開設方法も解説していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

▼Zaif(ザイフ)の無料カンタン口座開設はこちら

zaif(ザイフ)の口座開設方法や本人確認書類登録の仕方を画像解説!

2017.12.04

『bitFlyer』で安全安心に投資スタート!

 

 
ビットコイン月間取引量、口座開設者数、資本金が国内NO.1のビットフライヤーは、財務局の認可も降りており、海外取引所への送金もスムーズで、安全安心に仮想通貨投資を始めたい方にオススメです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です