bitbankの空売り(ショート)や売り方!信用取引や指値売り方法を解説!

bitbank(ビットバンク)は金融庁登録済みの国内仮想通貨取引所です。

仮想通貨を取り扱っているため、24時間365日(メンテナンス時間を除く)、自分の都合の良い時にトレードができます(スマートフォンにも対応)。

このように今トレーダーから注目を集めているbitbankですが、今回は空売り(ショート)などの売り方、信用取引や指値売り方法について解説します。

bitbankの空売り(ショート)方法

ここでは空売りについてお話ししますが、まずは投資ビギナーの皆さんに簡単な用語の解説をします。

空売りとは?

空売りとは、信用取引で使われる取引方法で「借りて売る」ことを意味します。

投資家は自分が保有していない仮想通貨ビットコインを使って利益をあげます(損失が発生することもあり)

実際に仮想通貨を保有しているのは取引所で、取引所から一時的にビットコインを借りる形を取るのです。

この時の売却行為は「ショートでポジションを取る」などと言われます。

ですが、いつまでも売りっぱなしにする(ショートポジションを持っている)わけにはいきませんから、いずれどこかの時点で買い戻して取引所に返却します。

この買い戻した時の価格が安いほど、その分が投資家の利益になるのです。

信用取引とは?

信用取引とは、レバレッジトレードとも呼ばれ、少ない資金で大きな利益を出せる投資法です。

同時に大きな損失が発生するリスクもあるため、投資ビギナーは低レバレッジから始めることをおススメしますよ。

空売りにメリットはある?

行き過ぎた価格の高騰は、いずれ価格が横ばいになる調整期間暴落を招きます。

そんな時でも利益を出すチャンスを逃さない投資方法が空売りなのです。

これからの時代、ビットコインやメジャーなアルトコインは、株や為替相場のように価格が乱高下するようになるでしょう。

特にビットコインは、一昔前のポンド円やポンドドルのように、ボラが大きく利益の生み出しやすいマーケットになる可能性を秘めています。

ボラティリティの大きい銘柄や通貨ペアは、ハイリスクであると同時にハイリターンも期待できるため、ビットコインは今後益々注目を集めることになるでしょう。

bitbankでも空売りできる?

ここで本題に入りますが、実はbitbankでは空売りはできません

bitbankでは現物しか取り扱っていないため、レバレッジトレード自体ができないのです。

ビットコインの先物取引(BTCFX)ができるのは、bitbankを運営しているビットバンク株式会社のもう一つの取引所bitbankTrade(ビットバンクトレード)になります。

ということで、次にbitbankTrade(ビットバンクトレード)での空売りの方法を解説します。

bitbankTradeはどんな取引所?

ビットバンクトレードは、中国の取引所OKCoinとの間を取り次ぎ、「ビットコイン先物証拠金取引(BTCFX)」を日本で初めて提供した取引所です。

OKCoinは世界規模の取引所であるため、高い流動性が可能になり、自分の望む価格でスピーディーに売買できます。

また、最先端のセキュリティ、オフラインで管理するコールドウォレット、さらにマルチシグでハッキングや社員による内部盗難にも万全の対策をとっています。

特徴は?

・BTCFXでは「今週物」「来週物」「四半期物」の3つの商品を取り扱う

・最大レバレッジ20倍

・追証不要

・24時間365日トレード可能(注文停止時間を除く)

・リアルタイムチャートは最大13種類のテクニカル指標が表示可能

・スマートフォンにも完全対応

・新規注文手数料は0.01%(決済注文は0%)

・キャピタルゲインフィーは決済時の利益に対して0.2%

BTCFX(ビットコインFX)のトレード方法

ここから空売り(ショート)のやり方(売り方)を順を追って説明します。

BTCFXを始める準備

1.予めbitbankとbitbankTradeで口座開設を済ませる

※bitbankTradeの口座開設時に取引パスワードを自分で決めるので、後で忘れないよう覚えておきましょう。

2.bitbankTradeには日本円を入金できないので、bitbankなどの国内取引所でビットコインを購入する

3.ビットコインをbitbankTradeに送金する(預入れる)

口座に反映されるのは0.001BTCからなので、それ以上送金しましょう。上限はありません。

口座間振替を行う

bitbankTradeにビットコインの入金が反映されたら、トレードを行うため、証拠金となるビットコインをBTC現物口座からBTCFX口座へと振り替えます。

※BTCFXでは証拠金ではなく、証拠BTCと呼ばれます。

1.bitbankTradeにログイン→トップページ上部にある「トレード▼」にカーソルを合わせる→一覧の「口座振替(現物⇔FX)」をクリック

2.以下のように作業を進める

振替指示:「現物口座→FX口座」を選択

振替数量:移動する数量を入力

取引パスワード:自分で設定した取引パスワードを入力

最後に「振替予約」をクリック

3.振替予約を行うと「振替履歴」に掲載されるので、「ステータス」の部分で現在の振替処理状況を確認→「受付待」から「承認済」に変わるとBTCFXトレードが可能になる

※振替処理は通常10分以内に行われますが、多少遅れることもあるので時間には余裕を持ちましょう。

新規注文の指値売り方法

ここではビットコインの価格が下落した時にも対応できる空売り(ショートポジション)について、指値を利用したやり方で説明します。

1.bitbankTradeにログイン→トップページ上部にある「トレード▼」にカーソルを合わせる→一覧の「BTCFX取引」をクリック

2.以下のように作業を進める

商品を選択:取引期限が違う3つの商品からひとつ選択(「BTCFX○○○○」の○○○○の数字部分が期限)

執行条件:「指値」を選択

注文価格:発注価格を入力

数量:発注枚数を入力

※最小取引枚数は10枚

取引パスワード:自分で決めた取引パスワードを入力

最後に必要なBTC数量や手数料などを確認して、よければ「新規売り注文」をクリック

これで指定したレートに届けば約定されます。

決済注文の指値買い方法(反対売買)

ここでは約定したショートポジションを決済するやり方を説明します。

※保有している建玉は、商品の期日までに反対売買をして決済します。期日までに決済しないと、最終売買日に清算値で強制決済されます。

1.bitbankTradeにログイン→トップページ上部にある「トレード▼」にカーソルを合わせる→一覧の「ポジション照会」をクリック

2.「ポジション照会」のページにある「縦玉一覧」の中から、決済したいポジションの右側にある「決済注文」エリアの決済ボタンをクリック

3.以下のように作業を進める

執行条件:指値を選択

注文価格:決済したい発注価格を入力

数量:決済したい発注数量を入力

取引パスワード:自分で決めた取引パスワードを入力

最後に決算損益や手数料などを確認して、よければ「決済注文」をクリック

これで指定したレートに届けば約定されます。

成行注文はない?

bitbankTradeでは、成行注文に近いものが「BBO」になります。

BBOを選択すると最良価格で約定しますが、相場が急に変動すると約定しないこともあります。

BBOとは、最も高い買い注文(ベストビット)、あるいは最も安い売り注文(ベストオファー)を意味します。

bitbankのチャート板の見方!一目均衡表やインジケーター保存について!

2018.07.19

bitbankでトレードをしてみたい

残念ながらbitbankではレバレッジトレードはできませんが、2018年7月25日時点では、ビットコインは大きく価格を上げています。

焦らずじっくりマーケットを観察していれば、上昇トレンドに転じたビットコインを購入するチャンスはあるでしょう。

bitbankでは口座開設費用も維持費用も無料なので、まだアカウントをお持ちでない方はこの機会に開設してはいかがでしょうか。

◆bitbank公式HPはコチラ

bitbank(ビットバンク)の口座開設登録方法!送金や出金入金など使い方解説!

2018.07.15

『bitFlyer』で安全安心に投資スタート!

 

 
ビットコイン月間取引量、口座開設者数、資本金が国内NO.1のビットフライヤーは、財務局の認可も降りており、海外取引所への送金もスムーズで、安全安心に仮想通貨投資を始めたい方にオススメです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です