チャールズホスキンソンのwikiや経歴とは!年齢や出身地が気になる!

チャールズホスキンソン(Charles Hoskinson)氏と言えば、仮想通貨トレーダーでは知らない人はいないと言えるほどの有名人ですね。

莫大な資産素晴らしい経歴の持ち主と言われている彼ですから、気になっている方も多いでしょう。

そこで今回は、気になるチャールズホスキンソンのwikiや経歴、年齢や出身地について解説します。

※なお、参考にした公式サイトなどの情報は、すべてネットの翻訳機能を使っています。ご了承ください。

チャールズホスキンソンのパーソナルデータは?

彼の良く知られている肩書は、IT起業家数学者ですが、もっと知りたいことや気になることもありますよね。ここからは彼の経歴などについてお話します。

出身地:

アメリカ合衆国のハワイ州生まれです。

比較的早い時期にコロラド州に引っ越しをしたようですね。

出身高校:

彼はホームスクールという選択をしたため高校は卒業していませんが、15歳で高校までの勉強をすべて終えてしまったそうです。

仮想通貨の売買が盛んな韓国でも、ホームスクールという選択をしている方が多いですね。私の知り合いにも、両親が学校の先生をしているため、お子さんは自宅で勉強をしている、というご家族もいます。

出身大学:

コロラド大学ボルダー校(2008年~2010年)を卒業しています。

コロラド州ボルダーにある州立の総合大学で、12名のノーベル賞受賞者を育て上げた名門校です。

年齢:

30歳です(2018年2月のデータ)。

推定仮想通貨資産:

推定5億~6億ドルとの情報があります(2018年2月のデータ)。

日本円にすると、約561億~673億円です。

言語:

母国語は英語です。

あいさつ程度のイタリア語も話せるそうです。

保有資格:

Certified Bitcoin Professional(2014年9月取得)

活動拠点:

アメリカ合衆国の西部にあるコロラド州です。

州都はデンバーで、ロッキー山脈が州の南北を縦走しています。かつてはゴールドラッシュで沸きあがった歴史があります。仮想通貨で億り人…一攫千金を狙う投資家にも通じるものを感じます。

ただ、彼は年間200日以上も海外旅行をしていますよ。

仮想通貨関連の経歴:

Bitcoin Education Project(BEP)のディレクター・2013年5月~現在まで

ビットシェアーズの創設者・2013年7月~10月まで

イーサリアムの共同設立者で元CEO・2013年12月~2014年5月まで

ADAコイン(カルダノ)の開発リーダー

Input Output HK(IOHK)のCEO・2015年3月~現在まで

Cryptocurrency Certification Consortiumの顧問・2015年1月~現在

チャールズホスキンソンのwikiはある?

残念ながらチャールズホスキンソン氏のウィキペディアは作成されていません。

代わりに、LIST.WIKIというサイトで彼のことが少しだけ紹介されていますよ。

LinkedInでは誰をフォローしている?

著名人では、Bill Gates,Jack Welch,Mark Cuban,Richaed Bransonなどをフォローしています。

企業では、マイクロソフト・Google・Amazonなどをフォローしています。イーサリアムもフォローしていましたよ。

ツイッターはある?

彼のツイッターはこちらです。

ADAコインのことも書いていますが、お茶目なつぶやきも投稿しています。

とても可愛いらしい方ですね。興味のある方は一度覗いてみてはいかがでしょうか。

ADAコインのステーキング(配当)や量子コンピュータ対応(耐性)とは?

2018.01.06

ADAコインやイーサリアムを購入してみたい

残念ながらADAコインは日本の取引所では購入できませんが、チャールズホスキンソン氏が手掛けたイーサリアムなら日本の取引所でも購入が可能です。

当サイトで紹介している取引所は、口座開設費用も維持費用も無料です。まだアカウントをお持ちでない方は、この機会に開設してはいかがでしょうか。

▼GMOコインの無料口座開設はこちら!

▼Liquidのカンタン口座開設はこちら

QUOINEXの口座開設登録方法!本人確認書類・二段階認証や読み方も解説!

2018.04.15

『BITPoint』で安全安心に投資スタート!

BITPOINT

高機能トレードシステムを導入しており自動売買が可能で
レバレッジ取引も可能な安心な取引所です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です