チャールズホスキンソンは天才?日経新聞インタビュー内容や資産が凄い!?

2018年8月23日の日経新聞に仮想通貨ADAコインの開発者であるチャールズ・ホスキンソン氏のインタビューが掲載されました。

そこで今回は、仮想通貨や社会発展に寄与しているチャールズ・ホスキンソン氏は天才なのか!? 日経新聞インタビューの内容や凄いと噂される資産について説明します。

日経新聞のインタビューについて

内容はFacebookのカルダノ公式アカウントを参考(一部簡略)。

記事は「欧米IT企業キーマンに聞く」という連続掲載の5番目に当たります。

内容:前半部分

―仮想通貨の出会いは?

2009年にビットコインを知り、興味を持った。
仲間と開発したのがイーサリアムやカルダノだ。
現在の会社は3つめのベンチャーで、ブロックチェーンを普及させるために立ち上げた。
ネット上では教育者として仮想通貨技術を教えていて、受講者は7万人にも。

※ベンチャー…新サービスや新ビジネスを展開する企業

―仮想通貨がこれだけ広がると予想した?

最初は懐疑的だった。
仮想通貨をつくると親に話したら「捕まらないか?」と反対された。
かし13年のキプロス金融危機をきっかけにビットコインへの期待が高まり、ベンチャーキャピタル投資も増え、11年に10億ドル(約1000億円)だった仮想通貨市場は4年で5000億ドルに膨らんだ。

※キプロス金融危機(キプロスショック)…キプロス共和国で発生。ギリシャ危機に端を発し、莫大な損失が出たため経営が立ち行かなくなった金融機関をユーロ圏が救済した時の騒動。この時リスク回避でビットコインを保有していた人たちが難を逃れたことは有名

※ベンチャーキャピタル投資…高い成長率が期待できる未上場企業に行うハイリターン投資で、マイクロソフトやグーグルなどもこの資金を得て急成長した

―各国政府も関心がありますね?

金融当局が心配しているのは、仮想通貨の普及で金融政策に影響が出ると考えたからだ。
中国やロシアなどは政府自らが仮想通貨を発行しようとした。
そうなると今後はドルの基軸通貨体制も変わる
ダボス会議などでも大きな議論になっている。

官製仮想通貨…ベネズエラのペトロが有名。人民銀行はDCEPを開発中・ロシアはクリプトルーブルの発行を予定

ダボス会議…毎年1月にスイス・ダボスで行われる世界経済フォーラムの年次総会。政治・行政・経済の各国トップが集結。経済から環境問題までテーマは幅広い。仮想通貨規制に関してG20と並び議題に上がっている

内容:後半部分

―仮想通貨にはブロックチェーン技術が使われていると聞きますが?

ブロックチェーンは一種のデータベース技術だが、それを使うと決済やデータ管理が低コストになる。
監査やサプライチェーン管理などに向いていて、『フォーチュン500』企業のうち150社はブロックチェーン技術を社内で使っている

フォーチュン500…米国フォーチュン誌(世界最大のビジネス雑誌)が年1回公表。総収入に基づき全米上位500社がランキング

―事業としての対応は?

大きく2つ。
1つは仮想通貨による資金調達『ICO』の技術的支援。
もう1つはブロックチェーン技術を企業内のシステムに取り込む手伝いだ。
ゴールドラッシュに例えるとショベルを売るようなものだ。
3年前に始め、今では130人の社員がいる。
ベンチャー資金に頼らずに売上高が1億ドルに届くようになった。

―仮想通貨やブロックチェーンはなぜ必要?

途上国では銀行口座を持っている人が極めて少ない。
送金コストも非常に高く、盗まれることも多い。
流通市場でも仲介業者が多額の手数料を徴収している。
仮想通貨を使えば、取引コストを大幅に引き下げられ、経済や社会の発展に役立つ

※役立つ…誰かの役に立つことがビジネス成功の鍵ともされる

―仮想通貨に対する日本の取り組みをどう評価しますか?

日本では金融庁が新たな規制に乗り出すなど、中国などの比べれば極めて健全な市場だ。
流通量も多い。
我々も日本法人を作り、東京工業大学などと技術開発を進めている。
しかし規制が行き過ぎれば、せっかくの技術を殺しかねない。
上手に運用すれば日本は仮想通貨市場のハブになれると考えている。

チャールズ・ホスキンソン氏の資産は?

ビットコインに触発され誕生した天才ホスキンソン氏ですが、これほどの人物ならどれ位財産があるのか気になります。

彼の仮想通貨資産は、推定5億~6億ドルとの情報があり(2018年2月のデータ)、日本円なら561億~673億円です。

チャールズホスキンソン説”ウォール街の機関投資家数十兆ドル流入”でどう変わる?

2018.10.13

チャールズホスキンソンのwikiや経歴とは!年齢や出身地が気になる!

2018.09.20

ADAコインを購入してみたい

これから仮想通貨市場を牽引すると予想される日本ですから、ADAにも注目が集まるでしょう

購入にはまず日本の取引所でビットコインなど基軸通貨を購入する必要があります。

当サイトでおススメしている取引所はすべて口座開設費用も維持費用も無料なので、まだアカウントをお持ちでない方はこの機会に開設してはいかがでしょうか。

▼GMOコインの無料口座開設はこちら

▼ビットフライヤーの無料口座開設はこちら

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

▼Liquidのカンタン口座開設はこちら

QUOINEXの口座開設登録方法!本人確認書類・二段階認証や読み方も解説!

2018.04.15

『bitFlyer』で安全安心に投資スタート!

 

 
ビットコイン月間取引量、口座開設者数、資本金が国内NO.1のビットフライヤーは、財務局の認可も降りており、海外取引所への送金もスムーズで、安全安心に仮想通貨投資を始めたい方にオススメです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です