暗号資産(仮想通貨)の英語訳とは!2019今後の相場チャートを予想!

「ビットコインはもう終わり?」

「2019年は価格上昇する?」

投資家なら誰しも気になることです。

さらに、仮想通貨が暗号資産に名称変更する可能性が出てきました。

そこで今回は、暗号資産(仮想通貨)の英語訳や2019年今後の相場予想を解説します。

暗号資産の英語訳とは?

暗号資産の英語訳は「cryptoasset」です。

※cryptoが暗号で、assetが資産の意味

重要な国際会議G20の場で「cryptoasset」と呼ばれていることから、金融庁は仮想通貨を暗号資産に変更するという方針を示しました。

暗号資産と仮想通貨の違いは?

両者の違いですが「仮想通貨は暗号資産のなかのひとつ」になります。

世界で初めてブロックチェーン技術を利用してできた通貨ビットコインの誕生後、その技術は急速に発展したため、人々は降ってわいた「未知の最新情報」に戸惑います。

日本でもcryptocurrencyが暗号通貨なのか仮想通貨なのか、どちらが正しいのかと議論になったほど。
さらに言えば「トークンと仮想通貨」の違い、もっと言えば「トークンの分類」も混乱を招きました。

混乱の理由は?

暗号資産(cryptoasset)とは、

P2P方式を採用した管理者不在の非中央集権タイプのブロックチェーン技術を用いたモノ

総称です。

ビットコインが絶対的支配力をもつ王者であるがゆえに、アルトコインもすべて仮想通貨だと思われがちです。

でも違います。

だれも正確に明確に分類できないため、仮想通貨もそれ以外も、すべての銘柄をひとくくりに仮想通貨にしてしまったのです。

本来の仮想通貨とは?

元々仮想通貨とは、ビットコインやライトコインを指します。

このあたりまでは万人に共通の意見でしょう。

ですが、同じように通貨としての役目しか持たないリップルやモネロなどの扱いはどうするのか…別にするのか否か。

さらにはイーサリアムやIOTA、カルダノなど、それ以降のアルトコインに至っては、分類方法は十人十色

これでは誰もがわからなくなって当然です。

結局のところ…

ビットコインのセールスポイントのひとつが「管理者不在」であったため、だれも情報を管理・整理しなかったことが混乱の元なのだと思われます。

2019年今後の相場予想

私は投資家の喜怒哀楽が織り込まれているチャートを見てトレードの判断をすることが多いため、ここからはビットコインチャートを見ながら2019年の相場予想をします。

まずは2018年を振り返ろう!

チャートを見ると、

1:2月6日に暴落した時
2:4月13日にトレンドラインを大きくブレイクした時

には、多くの投資家が「上昇トレンド復活!」「押し目買いしよう!」と、ビットコインやアルトコインを買い増ししたはず

そしてその多くは、2018年の長期下降トレンドのなかで絶望して手放したと思われます。

なぜ下降トレンドが続いた?

価格というものは、どれほど好材料があっても、売りの力が強ければ決して上がることはありません

規制が厳しくなる一方の暗号資産にとって、価格の上昇が周囲に存在や価値をアピールする最大の手段です。

それ知っているからこそ、意地悪な売り圧力は買い増ししている投資家を追い詰めます

結果、2018年は長期的な下降トレンドだったのではないかと考えます。

2019年も下降トレンド継続?

推測ではありますが、マーケットは1と2で買い増しした投資家に「1年経っても価格はもう買値まで戻らない」と絶望させて、保有している銘柄を手放させ、ひとりでも多くふるい落とそうとしているのでは?と考えます。

意地悪な売り圧力は、徹底的に情け容赦ないのです。

つまり、チャートから見た価格予想として、春ごろまでは上がるとみせかけて下がるを繰り返し、結局は下降トレンドが継続するのでは?と考えます。

春以降はどうなる?

春以降、1と2で買い増しした投資家のほとんどは、なかなか上昇しないビットコインの価格に見切りをつけるでしょう

「仮想通貨ブーム」に乗って参入した『にわかトレーダー』が去った後、そこからが本当の勝負になるはずです。

ネット上では「2019年は価格が上がる」との予測が多いのですが、これを信じて現物を購入したり、暗号資産FXでロングポジションを持つのは危険です。

大口投資家はこのような予測すら食い物にするので、ネット上の意見を真に受けるのもほどほどにしましょう。

ビットコインETFが注目されているけど?

承認されたからと言って価格が上がるとは限りません。

むしろ価格が上昇すると期待して買った個人投資家が、大口投資家の餌食になる可能性もあります。

周りの買い煽りに注意しましょう。

ETFに関しては、上がる?下がる?と予想するのではなく「ボラティリティが大きくなる」と受け止めるべきです

2019年は暗号資産FXの年?

正直なところ、価格は上がろうと下がろうと関係ないのです。

なぜなら暗号資産FXなら空売りでも利益が出せるからです。

ただし、気を付けていただきたいのが、海外取引所の多くはレバレッジが高いため、ビギナーにとっては損失も大きくなるリスクも高いことです。

当サイトがおススメしている国内取引所はすべて口座開設費用も口座維持費用も無料です。

まだアカウントをお持ちでない方はこの機会に開設してはいかがでしょうか。

DMM Bitcoinの口座登録方法!開設時間(期間)や出金(送金)手数料は?

2018.02.18

 

GMOコイン無料口座開設登録方法!本人確認書類や売買手数料まとめ!

2018.09.23

Liquid(リキッド)の口座開設登録方法!本人確認書類や二段階認証も解説!

2018.04.15

『GMOコイン』で安全安心に投資スタート!

セキュリティーが厳しく口座開設が早い『GMOコイン』!
今すぐ暗号資産運用をしたい方にオススメです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください