GGT(暗号資産)が香港ETF申請?チャートで見る今後の将来性は?

ゴールドリンクスが香港SFCに暗号資産ETFの申請書を提出した!

…との情報が、2019年1月に韓国の情報サイトに掲載されました。

そこで今回は、ゴールドリンクスによる香港ETF申請についてと、チャートで見るGGTの将来性を解説します。

ゴールドリンクスがETF申請?

2019年1月10日、韓国の暗号資産情報サイトCoinNessに以下のような情報が掲載されました。

韓国最大のブロックチェーンメディア「CoinNess」の報道によると、ゴールドリンクス社(Goldlinks.one)は、資産管理ライセンスを持った香港証券市場上場会社と共同で仮想通貨(暗号資産)に対する投資ファンドを作り、仮想通貨ETFの発行を香港証券先物委員会(SFC)に申請しました。

2018年には「提出を検討している」というだけでしたが、今回のニュースでは「申請しました」になっています。

申請が通ったら?

2019年はビットコインETF(暗号資産ETF)が承認されるかどうかが最大のイベントになるとされ、大注目されています。

もしアメリカより先に香港でETFの申請が認められたら、世界中の暗号資産トレーダーや、今まで手を出さなかったトレーダーが一気に押し寄せてくるでしょう。

経済の中心はアメリカだけではない、それが世界に知られることに!

チャートで見るGGTの将来性

ここからはチャートを見ながらGGTの今後を見ていきましょう。

過去のチャートを確認

上場直後、GGTは強気で買われています

通常、ICO直後の上場は売りが強く、価格が暴落し、そこが底値になることが多いのですが、GGTは逆のことが起きています

つまり、上場直後に売却して利益を出そうという投資家が少なく、逆に高値でも良いので買いたい投資家が多かったのです。

その後は暗号資産全体の弱気相場に引きずられて、価格は徐々に下がっていきます

この価格が下がるという値動きは、上場後に底値を形成するパターンとしてICOを行った銘柄ほぼすべてに見られるので、あまり気にする必要はないでしょう

もちろんずっと底値のままの銘柄はたくさんあります。

今後の値動きはどうなる?

GGTの底値がどこなのか、誰にもわかりません。

ですが今の値動きが「その他の暗号資産の弱気相場につられている」ものであれば、強気相場に転じた場合、価格は一気に上昇し、「本来あるべき価格」にまであっと言う間に回復する可能性があります。

買増しするタイミングを慎重に見るなら、1GGT=0.5USDTのラインを突破するかに注目。

一度上昇を試みたものの売りに押されて再度下降に転じたポイントで、ここで悔しい思いをした投資家も多いからです。

この場所まで上がると、再び売りと買いの激しい攻防が予想されるため、容易には突破できないことがわかります。

上昇に転じたらどこまで上がる?

「本来あるべき価格」がどこなのか、その考えはひとによって違ってくるでしょう。

ただ、0.5USDTを抜けたら、1.25USDTまで一気に向かうかもしれません

なぜなら、1.25USDTは、上場直後1ヵ月にも渡りさんざんもみ合った(多くの投資家がせめぎ合った)価格帯だからです。

たくさんの意思が集まる価格には強いマグネット効果があるため、今後上昇するのであれば、1.25USDTがその役割を果たすと思われます。

そして1.25USDTを上抜けした場合、1.5USDTや2.0USDT付近で猛烈な売りが待っているかもしれません。

GGTにはバーンがある

ホワイトペーパーには記載されていませんが、韓国の情報サイトBlockTimesTVによると、

毎年ゴールドリンクスの収入の20%でGGTをバーンして、最終的に20億GGTを維持する

…と紹介されています。

バーンした分だけGGTがこの世から消滅します。
※実際には消滅ではなく、誰も出金できないアドレス宛に送金されるだけですが。

発行枚数が少ない銘柄ほど価格は上昇する傾向があるため、減れば減るほどGGTの価格が上がっていくとも言えます。

ゴールドリンクスの着眼点

投資信託の歴史は150年
暗号資産(ブロックチェーン技術)の歴史は10年
金の歴史は8000年。

ゴールドリンクスはこれら3つを…金を採掘するところから金融商品になるまで…一連して取扱おうとしています。

金の価値は未だ衰えず、投資信託の利用者は増え続けています。

そこに最先端技術であるブロックチェーンが加わるのですから、将来性には大いに期待できるでしょう。

仮想通貨取引所と販売所の違い!スプレッドや手数料に要注意!

2017.12.10

GGTはUSDTとETHで買える!

GGTはテザーとイーサリアムで購入できますが、送金速度の速いライトコインなどを買ってBitForexに送金後、USDTに換金してからGGTを購入する方法もあります。

カンタン無料口座開設はコチラ

そのためには、まずは国内取引所に口座開設する必要があります。

当サイトがおススメしている国内取引所はすべて口座開設費用も口座維持費用も無料なので、この機会に開設してはいかがでしょうか。

▼DMM Bitcoinの無料口座開設はこちら

DMM Bitcoinの口座登録方法!開設時間(期間)や出金(送金)手数料は?

2018.02.18

▼GMOコインの無料口座開設はこちら

GMOコイン無料口座開設登録方法!本人確認書類や売買手数料まとめ!

2018.09.23

▼Liquidのカンタン口座開設はこちら

Liquidの口座開設登録方法!本人確認書類・二段階認証や読み方も解説!

2018.04.15

『BITPoint』で安全安心に投資スタート!

BITPOINT

高機能トレードシステムを導入しており自動売買が可能で
レバレッジ取引も可能な安心な取引所です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です