DeCurret(ディーカレット)口座開設方法を画像図解!スマホPCでカンタン登録!

ディーカレットは「電子マネーチャージ」ができる国内取引所です。

日本でもキャッシュレス化が進みつつあるため、ビットコインやリップルといった人気の暗号資産(仮想通貨)を電子マネーに換金できるシステムには高い関心が集まります。

そこで今回は、ディーカレットの口座開設方法(スマホ・PC)を画像付きで詳しく紹介します。

※法人名義の口座開設は下記記事を参考にされてください↓

DeCurret(ディーカレット)の法人口座開設登録方法を画像徹底解説!

2019.09.09

アカウントの各クラス説明

ディーカレットには3つのアカウントクラスがあります。

ゲストアカウントでできること

  • ログイン
  • 情報の参照

 

ベーシックアカウントでできること

  • 日本円の入出金
  • 仮想通貨の売買・受取・送付

 

トレードアカウントでできること

  • レバレッジ取引

 

トレードアカウント注意点

パソコン・Webサイトのみ利用できます。
こちらはベーシックアカウントにアップグレードした後に開設できます。

口座開設方法:スマートフォン

ここからはスマートフォンを使用した手順を紹介します。

ゲスト登録のやり方

1.まずはディーカレットのスマホ版公式サイトにアクセス

→サイトからアプリをダウンロード

もしくは下記よりダルンロードしてください↓

DeCurret - ビットコイン 仮想通貨 ウォレット

DeCurret – ビットコイン 仮想通貨 ウォレット

DeCurret Inc.無料posted withアプリーチ

 

2.アプリを起動して「新規登録」をタップ

3.以下のように進める

  • メールアドレス(ログインID):登録するメルアドを入力
  • パスワード:半角で、英字大文字・小文字・数字を1文字以上使用して、8文字以上で入力
  • パスワード(再入力):同じパスワードをもう一度入力
  • 招待コード:持っている場合には入力(未入力でもOK)
  • 利用規約とプライバシーポリシー:同意できるなら□にチェックを入れる

→最後に「送信する」をタップ

4.登録したメールアドレス宛にメールが届くので、本文内に記載された「本人確認コード」をチェック

5.先ほどのページに戻り、本人確認コードを入力

「送信する」をタップ

6.ベーシックアカウントへのアップグレードを聞かれるので「アップグレードする」をタップして、このまま登録を進める

ベーシックアカウント登録のやり方

1.ガイド形式で入力するか否かを聞かれるので、どちらか選択(途中で切り替えることも可能)

※長くなるので、ここでは「ガイド不要」で説明します。

2.該当する□にチェックを入れる

「次へ」をタップ

3.登録する名前・住所・性別・国籍・携帯電話番号・職業・職種・年収・投資経験などを聞かれるので入力する

※名前や住所は、後ほど提出する本人確認書類と同じものを使用してください。

※携帯電話番号は、身内などがすでにディーカレット登録の際に使用していると、2度は利用できないので注意してください。

※投資目的で利用する場合、一般的には、余裕資金で運用する投資家、それなりに貯蓄(資産)がある投資家が対象となります。
そうでない場合は登録できない可能性があります。

4.すべて入力すると登録した携帯電話にSMSが届くので、本文内に記載された「SMS受信確認コード」をコード入力欄に入力

「次へ」をタップ

5.本人確認書類を選択

提出可能な書類

  • 運転免許証(両面)
  • パスポート(顔写真ページ+住所記載ページ)
  • マイナンバーカード(表面のみ・通知カード不可)
  • 住基カード(両面・顔写真付き)
  • 在留カード(両面)
  • 特別永住者証明書(両面)

 

6.書類を選択すると、アップロードスペースが表示されるので、スマホのカメラで撮影するか、ファイルから画像を選択してアップする

「次へ」をクリック

7.これで申し込みは完了

あとは、審査が通ればアカウント開設通知書が郵送されます。

口座開設方法:パソコン

ここからはPCによる手順を説明します。

ゲスト登録のやり方

1.ディーカレットのトップページにアクセス

→ページ右上の「新規登録」をクリック

2.以下のように進める

  • メールアドレス(ログインID):登録するメルアドを入力
  • パスワード:半角で、英字大文字・小文字・数字を1文字以上使用して、8~71文字以内で入力
  • パスワード(再入力):同じパスワードをもう一度入力
  • 招待コード:持っている場合には入力(未入力でもOK)
  • 利用規約とプライバシーポリシー:同意できるなら□にチェックを入れる

→最後に「送信する」をクリック

3.「本人確認コードの確認」というページが表示されますが、このページはそのまま表示しておく(閉じてしまうと、一定時間の間、同じメルアドで再登録できなくなる)

→別タブで登録したメールアドレスを確認

→「【ディーカレット】「ゲスト」登録時におけ​る本人確認コードのお知らせ」というタイトルのメールが届くので、中を開く

本人確認コードを確認

4.先ほどの「本人確認コードの確認」のページに戻り、コードを入力

「認証する」をクリック

5.これでゲスト登録は完了

先ほど登録したメルアドとパスワードを使用して、このままログインしましょう。

ベーシックアカウント登録(アップグレード)のやり方

1.ログインすると画面の右下に「アップグレードして取引を開始しませんか?」と表示されるので、クリックする

2.該当する項目にチェックを入れて「次へ」をクリック

3.以下のように進める

  • 名前とフリガナ:登録する名前を入力
  • 郵便番号と住所:本人確認書類と同じものを入力
  • 携帯電話番号:自分の携帯電話の番号を入力しますが、身内などがすでにディーカレット登録の際に使用していると、2度は利用できません
  • 生年月日:生年月日を西暦で入力
  • 国籍:自分の国籍を選択
  • 性別:どちらか入力
  • 職業・業種・年収・収入源:当てはまるものを選択
  • 資産の性格:ディーカレットにおいて使用するお金のことで、投資が目的であれば通常「余裕資金」を選択することが望ましい
  • 保有金融資産:自分が持っている資産のことで、余裕資金で運用するのであれば、それなりの金額が必要になってくる
  • 取引目的:当てはまるものを選択
  • 投資経験:該当するものを選択

 


  • 契約締結前交付書面:同意できればチェックを入れる

「次へ」をクリック

4.携帯電話にSMSが届くので、確認コードをチェック

→表示されたページに確認コードを入力

「次へ」をクリック

このまま本人確認書類も提出しましょう。

本人確認書類の提出のやり方

1.提出する書類の種類を選択

提出可能な書類

  • 提出可能な書類
  • 運転免許証(両面)
  • パスポート(顔写真ページ+住所記載ページ)
  • マイナンバーカード(表面のみ・通知カード不可)
  • 住基カード(両面・顔写真付き)
  • 在留カード(両面)
  • 特別永住者証明書(両面)

 

2.書類を選択すると、アップロードスペースが表示されるので、そのスペースにファイルから画像を選択してアップする

「次へ」をクリック

3.これで申し込みは完了

あとは、審査が通ればアカウント開設通知書が郵送されます。

法人口座は開設できる?

ディーカレットでは、法人口座の開設も可能です。

法人口座の場合、開設・解約などの一部機能はPCからのみ行えます。

詳しくは別の記事で紹介します。

本人確認書類がアップロードできない!

画像のファイル形式は「gif」「jpg」「png」「pdf」。

サイズは1ファイル3MBまで。

画像鮮明度は5,000×5,000ピクセル以内です。

これらの条件を満たしていればアップロードできるはずです。

ベーシックアカウント開設はどれくらい時間がかかる?

ベーシックアカウントにアップするには、「アカウント開設通知」という転送不要の簡易書留を受取り、中に記載されている「アカウント開設コード」をサイトに入力する必要があります。

簡易書留は、ディーカレットが申込内容を審査して、通過すれば発送されます。

審査は、通常1~2営業日かかるとのこと。

最短で3日だそうです。

なお、不在で受け取れなかった場合、郵便局での保管期間は7日間となるので、それまでに再配達を申し出るか、局まで取りに行ってください。

ディーカレットで仮想通貨トレード!

ディーカレットではビットコインだけでなく、リップル・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコインといった人気銘柄もレバレッジ取引可能です。

口座開設費用も口座維持費用も無料なので、まだアカウントをお持ちでない方は、この機会に開設してはいかがでしょうか。

DeCurret(ディーカレット)の評判や口コミ評価!会社の安全性(セキュリティー)を調査!

2019.09.07

『GMOコイン』で安全安心に投資スタート!

セキュリティーが厳しく口座開設が早い『GMOコイン』!
今すぐ暗号資産運用をしたい方にオススメです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください