ビットプラスのデビットカードの貰い方!手数料や取扱仮想通貨は?

人気のADAコインやディセントベットが購入可能とのことで、投資家から取引所のオープンが期待されている海外取引所ビットプラス

すでにサイトはオープンしていますが、取引所は2018年1月中には利用可能になりそうです。

そこで今回は、ビットプラスのデビットカードの貰い方、手数料や取扱仮想通貨について解説します。

ビットプラスのデビットカードの貰い方

デビットカードがあれば、口座にあるビットコインや、入金した日本円をそのままデビットカードに入金(チャージ)することが可能になります。

日本のATMでも出金が可能になるようですね。

その便利なデビットカードを、ビットプラスに初回登録すると無料で貰えるとのことです。

恐らく他にも条件が出てくると思いますが、詳細な発表が待たれます

デビットカードとは?

デビットカードは、ネットや店頭などで商品を買ったとき、口座から直接お金が引き落とされるカードです。

後払いのクレジットカードとは異なり、口座に残高がないと利用できないため、審査がないので誰でも利用ができるという特徴があります。

日本ではクレジットカードが主流ですが、海外ではデビットカードが主流です。

ただし、どこでも利用できるわけではなく、JCBデビットならJCBのマークが付いたお店で、VISAデビットならVISAのマークが付いたお店などで利用します。

提携しているATMがあれば、そこから現金を引き出すことも可能です。

そして、ビットプラスのデビットカードの場合、日本円やビットコインでチャージして利用する、ということになるのですね。

売買手数料

ビットプラス売買手数料は0.25%です。

海外取引所ビットレックスと同じですね。

売買手数料0.25%だと、100万円分を購入しても2500円の手数料で済みます。

1万円あたり25円なので、ビットプラスで売買手数料を気にする必要はほとんどありません

売買手数料がもっと安い取引所もありますが、売買システムの使い勝手に勝るものはありませんから、あまり神経質にならない方が良いでしょう。

取扱仮想通貨の種類

ビットプラスでは、取引所スタート時点でビットコインキャッシュ・イーサリアム・ADAコイン・Ardor・ディセントベット・CtCトークンなどが予定されています。

今後取り扱う種類は100種類まで増えていくとされています。楽しみですね。

取り扱う種類が多いとメリットがある!

メリット1

実は仮想通貨は取引所が増えると価格が上昇するという傾向があります。

例えばAコインが〇〇取引所に上場すると情報が流れたとします。

自分が口座を持っている取引所がAコインを取り扱っていると、素早く購入して、価格が上昇した時に売却して利益を上げることが可能です。

ビットプラスなら100種類も取り扱うので、上述のような素早い対応が可能なのですね。

メリット2

草コインという言葉をご存知でしょうか?

価格が低く、近い道がいまひとつよく分からないアルトコインのことです(人によって多少解釈が多少変わります)。

ICOは詐欺もあり、詐欺でなくても発行までこぎつけるか疑問です。

その点、草コインは取引所で売買が可能なので、ICOよりはリスクを抑えることが可能です。

この草コインに投資をする事が「億り人」への近道となるとされているのです。

そしてビットプラスなら100種類も取り扱うので、当然草コインもあるでしょうし、売買も可能です。

ある程度狙いを定めて購入し、著名人による「マカフィー砲」的な発言を待つという方法が注目の投資法になります。

ビットプラス(bitplus)が怪しい?評判・評価や口コミ!オープンはいつ?

2018.01.02

ビットプラスの口座開設方法!本人確認書類の種類や登録の仕方!

2017.12.30

ビットプラスに口座を開設したい

ビットプラスは海外でも珍しく日本語対応している取引所です。

サイトを日本語表示にするのは簡単で、ページの右上にある日の丸のマークをクリックするだけです。

ビットプラスは口座開設費用も口座維持費用も無料なので、この機会に開設してはいかがでしょうか。

▼ビットプラスの無料口座開設はこちら

『bitFlyer』で安全安心に投資スタート!

 

 
ビットコイン月間取引量、口座開設者数、資本金が国内NO.1のビットフライヤーは、財務局の認可も降りており、海外取引所への送金もスムーズで、安全安心に仮想通貨投資を始めたい方にオススメです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です