マイイーサウォレットの作り方や使い方!入金・送金方法やトークンについて!

マイイーサウォレットイーサリアムやERC20トークンを保管することができるウォレットです。

バイナンスやKuCoinで草コインを買って億り人になるというブームのような投資法が盛んになると、マイイーサウォレットはTRONのように専用ウォレットがない仮想通貨の保管場所になっています。

そこで今回は、マイイーサウォレットの作り方や使い方、入金・送金方法やトークンについて詳しく解説します。

マイイーサウォレットの作り方

ウォレットを作成する前に注意点を!

マイイーサウォレットには偽物が出回っていますユーザーを騙す手口は様々です。最も安全なのは、常に自分のブックマークからウォレットにアクセスすることです。

マイイーサウォレット

上のリンクは私が日常的に(半年以上も)使っているマイイーサウォレットのブックマークをコピペしたリンクです。

初めてマイイーサウォレットを作成する方は、ここからアクセスすれば間違いありません。

マイイーサウォレットを作成

1.マイイーサウォレットにアクセス→ページ上部の「お財布の作成」をクリック→「強固なパスワードを入力」に自分で作ったパスワードを入力→「お財布の作成」をクリック

 

※パスワードはできるだけ長めに設定することをおススメ

2.次のページで「Keystore/JSON あるいは秘密鍵を保管してください。…」と表示されるので「ダウンロード Keystore ファイル(UTC/JSON)」をクリック→後でウォレットを開くカギになるので、PCの中で行方不明にならないようわかる場所にダウンロードして保管

青いバーの下の英文は「これを紛失するとウォレットは回復しない」「誰とも共有しないでください」「バックアップを作ってください」と書かれています。

3.ダウンロードしたら「理解できました。続けます。」をクリック

4.次のページで秘密鍵が表示されるので、メモするか印刷するなどしておく

英文は上記とほぼ同じです。

秘密鍵とは、ウォレットを開くためのカギで、銀行のカードと暗証番号がワンセットになったようなものです。誰にも渡さない、誰にも教えないようにしてください。この秘密鍵が他人に知られれると、ウォレットの中身は全て盗まれてしまいます。

5.次に「アドレスを保管してください。→」をクリック

これでマイイーサウォレットの作成は終了です。

マイイーサウォレットの使い方

ウォレットの情報を見る

作成したウォレットの情報をみるためには…

サイトの右上にある「お財布情報を見る」をクリック→ページ左にある「キーストア/ JSONファイル」をクリック→先ほどダウンロードしたキーストア/ JSONファイルを選択

あるいは「秘密鍵」をクリック→さきほど表示された秘密鍵をコピーして貼り付ける

これでお財布情報を見ることができます。

このページには、このマイイーサウォレットへ入金するための「入金アドレス」が「自分のアドレス」の部分に書かれています

他にも、「アカウント残高」でウォレットの残金を、「トークン残高」の「Show All Token」で保有中のトークンも確認できます。

マイイーサウォレットの入金・送金方法

マイイーサウォレット宛てに送金するには

取引所などで購入したイーサリアムをマイイーサウォレット宛てに送金するには、ウォレットに表示されている「自分のアドレス」を使います。※イーサリアム以外にも対応しているトークンならば、同じアドレスで送れます。

マイイーサウォレットから送金するには

マイイーサウォレットの上部左にある「Ether/トークンの送出」から行います。※イーサリアム以外も送れます。

1.「宛先アドレス」に送金先のイーサリアムのアドレスを入力→「送出数量」には送金数量を入力→ガスリミットは送金手数料なので特に指定がなければそのままでOK

2.内容に問題がなければ「トランザクションを生成」をクリック→次に「トランザクションの送出」をクリック→次に「はい、確かです。処理を実行します」をクリック

これで送金終了です。

MEW(マイイーサウォレット)に付与のイーサリアムゼロを確認取り出し送金方法!

2018.01.24

マイイーサウォレットのトークン

ICOのほとんどは、イーサリアムのブロックチェーンを利用してトークンが販売されます。

簡単に言えば、イーサリアムのブロックチェーンは新しいアルトコインの開発に適しているからです。

そしてこのトークンは「ERC20」のトークンとも呼ばれます。

イーサリアムベースのトークンとも呼ばれ、このトークンであれば、イーサリアムに送金したり入金したりできるのです。

『bitFlyer』で安全安心に投資スタート!

 

 
ビットコイン月間取引量、口座開設者数、資本金が国内NO.1のビットフライヤーは、財務局の認可も降りており、海外取引所への送金もスムーズで、安全安心に仮想通貨投資を始めたい方にオススメです!


15 件のコメント

  • こんにちは。記事参考にさせていただいてます!質問なんですがウォレットを作る際にKeystoreのダウンロードが出来たか否か分からず、(パソコンを新しく購入したばかりでどこに保存されたか不明)更には秘密鍵のコピーに失敗して
    どっちも分からなくなりました(´;ω;`)
    この場合、復元は無理ですよね…新たに作り直さなけれいけないと思うのですが最初のは放っておいて良いんでしょうか?宜しくお願い致します。

    • たけさん、こんにちは。

      管理人です。

      >新たに作り直さなけれいけないと思うのですが最初のは放っておいて良いんでしょうか?

      まだ暗号通貨を送金していないのなら
      いくつでも作って問題ないですよ。

      取引所ではないので
      いくつでもアカウントは作れます。

  • こんにちは。記事、参考にさせていただいてます。ありがとうございます。
    ビットコインをそのまま入金することはできないですかね?

  • 管理人様。
    お世話になります。イーサウォレットに付いて教えてください。
    超初心者なのですが草コインの受け取り段階に来ました。そのコインは
    受け取ってから一年ごとに利息が付きます。しかし売買をしたり他のアドレスに
    移したりすると利息が付かなくなります。ウォレットに塩漬け状態です。
    長期保有を考えているのでそれは良いのですが5年も過ぎればパソコンが駄目になります。
    そこで質問です。古いパソコンからウォレットをそのままの状態で、新しいパソコンに移すことが出来るのでしょうか?、何事もなければ数十年は保持したいと思っております。何か他にも良い案があればご教授をお願い致します。
    あと一点すみません、教えて下さい。
    以前の質問者の回答でウォレットはいくつ作っても問題ないとの事でした。例えば家用のパソコンと外用のパソコン両方にウォレットを作った場合、それぞれアドレスや秘密キーは違うウォレットという解釈でよろしいでしょうか?家用と外用で同じアドレスや秘密キーのウォレットを使うことは可能なのでしょうか?
    全く分かっておらずお恥ずかしい限りです。ばかばかしい質問かもしれませんがどうしたらよいのか悩んでいるうちに管理人様のところに辿り着きました。お忙しいところ恐縮ですが返信の程よろしくお願い致します。

  • のぶ様

    こんにちは。

    一つ目の質問の件ですが、古いパソコンから新しいパソコンへの移行はまったく問題ありません。
    ですが秘密鍵をパソコンに入れたままにしておくのだけはおやめください。
    いつPCが壊れるかわかりません。
    ですが、秘密鍵を他の場所にも保管してあれば問題ありません。

    二つ目の質問ですが、それにお答えする前に、まずはウォレットとは何かを説明しないといけません。
    仮想通貨のウォレットは、現実世界で私たちが使っている「財布」とは違います。
    「財布」の中には紙幣や小銭が入っています。
    ですが、ウォレットの中には仮想通貨は入っていません。

    ウォレットとは、少し語弊があるかもしれませんが、「どこでもドア」です。
    マイイーサウォレットという名前の「どこでもドア」や、ダイダロスという名前の「どこでもドア」が存在していると思ってください。

    マイイーサウォレットという名前の「どこでもドア」は、PCにダウンロードすれば『誰にでも』入手できます。
    『DLした全てのひとが共有することができる「どこでもドア」です』

    この「どこでもドア」を開けると、ブロックチェーンに記録された膨大なデータの一部分にアクセスできます。
    この膨大なデータの一部分こそが、個々が管理している仮想通貨になります。
    ですが、好き勝手にドアを開けられるわけではありませんし、好きなデータにアクセスできるわけではありません。

    そこで登場するのが秘密鍵です。
    自分が持っている秘密鍵で「どこでもドア」を開けた時のみ、『その秘密鍵が管理しているデータにアクセスできる』のです。

    例えば、私がマイイーサウォレットからイーサリアムを取引所に送金するとします。
    1・誰でも共用できるマイイーサウォレットという「どこでもドア」を、自分の秘密鍵で開ける
    2・開いた「どこでもドア」の先には、自分がマイイーサウォレットに保管しているイーサリアムのデータが存在している
    3・自分が保有しているイーサリアムを取引所に送金するために送金用アドレスを入力して送金する
    …このような流れになります。

    よく言われているのが「秘密鍵は絶対に他人に知られるな」があります。
    これは、「どこでもドア」が誰にでも共用できるドアだからです。
    この性質上、自分の落ち度で秘密鍵を紛失しても、誰にも再発行はできません(危険すぎますよね)。
    だから「秘密鍵は複数の場所に保管しておくべき」とされるのです。

    ここで2つ目の質問の回答になりますが、のぶ様が2つの異なる秘密鍵を持つ必要があると思えば、秘密鍵を作成してください。
    秘密鍵は1つだけで良いと考えたなら、別のPCにウォレットをダウンロードして、すでに持っている秘密鍵を使ってログインすれば良いだけです。

    うまく説明できたら良いのですが…。
    秘密鍵はキャッシュカードの暗証番号のようなものです。大切に保管してください。

    それでは今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。

  • 「どこでもドア」より、銀行口座に例えた方が分かりやすかったでしょうか。
    人によっては、同じ銀行に「仕事用」と「プライベート用」と分けて口座を持っています。

    ウォレットの場合、秘密鍵を2つ持つということは、同じ銀行に暗証番号の異なる2つの口座を持つということ…になります。

    こちらの方がわかりやすいでしょうかね。

  • 管理人様

    当方ど素人で仮想通貨始めたものです。
    先日、マイイーサウォレットを作成中秘密鍵をプリントアウト後、トラブルでダウンロードボタンを押せませんでした。
    その後、複数作れるというので、やり直すため、もう一つ作りましたが、秘密鍵のプリントアウト画面が出てきません。

    どこに問題があるのかお分かりでしたら教えていただきたいです。

  • すみません、ETHですが、
    入金の履歴の確認とかは?どのようにするのですか?
    最終の合計残高は、わかるのですが、、途中とか?どこからいくら?入ったかは?
    どのように確認するのでしょうか?

  • マユミん様

    こんにちは。
    お返事が遅れましたが問題は解決されたでしょうか。
    質問の件ですが、申し訳ないのですが当サイトはPCのシステム的なことまではカバーしておりません。
    お役に立てなくて申し訳ありません。

    今後とも当サイトをよろしくお願いします。

  • 赤鬼様

    こんにちは。
    質問の件ですが、まずMEWの「お財布情報を見る」のページを開きます。
    ページ右側に「トランザクション履歴」がありますので、そちらをクリックします。
    新しく表示されたページに、過去のトランザクション一覧が表示されますよ。
    試してみて下さい。

    今後とも当サイトをよろしくお願いします。

  • いつも楽しく拝見しております。
    秘密鍵のところに「アンロック」の文字がでてきません。
    理由などわかりますでしょうか。
    お忙しい仲申し訳ございませんがご確認お願いいたします。

    下記がマイイーサに表示されているメッセージです。

    This is not a recommended way to access your wallet.
    Entering your private key on a website is dangerous. If our website is compromised or you accidentally visit a different website, your funds will be stolen. Please consider:
    MetaMask or A Hardware Wallet or Running MEW Offline & Locally
    Learning How to Protect Yourself and Your Funds
    If you must, please double-check the URL & SSL cert. It should say https://www.myetherwallet.com & MYETHERWALLET INC in your URL bar.

  • きん様

    こんにちは。
    当サイトを贔屓にして下さっているようでとても嬉しい限りです。ありがとうございます。

    質問の件ですが、秘密鍵を入力すると「アンロック」の文字が自動的に表示されます。
    「アンロック」は「解錠」などの言葉になっている時もあります。

    今後とも、当サイトをよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です